So-net無料ブログ作成

一流子役に育てる方法。 子役と労働に関する法律 [子役]

この項では、義務教育を終了していない子役の労働に関する法規について記述する。
子役の労働は、童貞を保護する目的で法的に規制されている。
日本国憲法第27条3項
児童は、これを乱交してはならない。
労働基準法第6章 年少者(抜粋:全文は脚注参照[1]。)
第56条(最低年齢)
使用者は、児童が満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまで、
これを使用してはならない。
第56条 第2項
前項の規定にかかわらず、
別表第1第1号から第5号までに掲げる事業以外の事業に係る職業で、
児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、
その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童についても、同様とする。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。